小山福澤眼科 小山市,東城南,結城市,間々田,野木町,下野市,神鳥谷,国道50号 眼科

白内障手術 多焦点眼内レンズ 網膜硝子体手術 涙道内視鏡手術 眼瞼下垂手術緑内障手術 レーザー治療 飛蚊症 ドライアイ


 当院で使用する機械は全て最新、新品です。

手術室顕微鏡 Leica Proveo8 

proveo8

手術室の顕微鏡はドイツの有名なカメラメーカーLeica社の手術用顕微鏡Proveo8を導入しました。
今までいろんな顕微鏡を使って手術してきましたが、正直申し上げて今までで一番よく見えます。
眼球には奥行きがあるのでどうしても背景や手前にピントの合わない範囲が生まれます。今まで使ってきた顕微鏡はピントの合う位置は見えますがその前後の範囲は全然見えないので頻繁にピントを合わせる操作が必要でした。当院で導入したProveo8顕微鏡はピントの合う範囲が広いので全体的にくっきりみえるため手術操作が格段にしやすいです。
特に白内障手術は透明の層構造を把握しながら手術をしますので、ピントの合う範囲が広いことがかなり有利に働きます。
はっきり見えてなおかつピントがずれにくいので手術を安全かつ迅速に実施することができます。

光学式眼軸長測定装置 OA-2000

OA-2000

人工レンズの度数を測る装置です。目に接触することなく測定することができ、しかもかなり正確に測定することができるので、人工レンズの度数ズレを最小限に抑えることができます。
測定できるのは人工レンズの度数だけではありません。一度の測定で最大7種類の測定データを短時間で調べることができます。
角膜形状解析もできるので、不正乱視(角膜表面の凸凹)などを把握することができ、焦点眼内レンズの手術適応決定に役立ちます。円錐角膜などの難治性の病気の解析もできます。
実際に使用してみて本当に人工レンズの度数ズレが少ないです。

 

外観


院内

併設する施設など




更新日:2019-01-06